借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

借金が150万円ある場合、おまとめローンをするべきか債務整理をするべきか悩みますよね。

 

それぞれの特徴をしっかり理解して、自分に最適な方法を選びましょう。

 

おまとめローン

おまとめローンは多くの銀行や消費者金融で取り扱っています。

 

複数の借金をひとつの銀行にまとめるといったものですが、注意しなければならないのが借金そのものが減るということではない、ということです。

 

例えば、Aという銀行のカードローンのおまとめローンを利用し、計150万円の借り入れをしているカードローン3社(B、C、D)に返済した場合、B、C、Dの借金はなくなるが、A銀行から150万円借り入れしている状態になる、ということです。

 

返済する金額そのものは変わらないので同じではないかと感じるかもしれませんが、もちろん借金を一本化することには意味があります。

 

複数の借金をひとつにまとめることで金額が大きくなるので、その分金利が低くなるのが最大のメリットです。

 

また、複数から借り入れをしていると返済日がバラバラで面倒だったものがおまとめローンを利用することで返済日を1日だけにできるということもあります。

 

注意しなければならないのは、おまとめローンをするからといって、一本化する銀行があなたの代わりに借金を返済する手続きをしてくれるわけではないということです。

 

あくまでも銀行がお金を貸してくれるだけで、そのお金を使ってあなた自身が各カードローン会社に借金を返済する必要があります。結果として、これまで借り入れしていたカードローンの借金はなくなり、銀行のみに返済をすればいいという形になるのです。

 

魔が差して銀行から借りたお金を使ってしまうと借金が減るどころかさらに増えてしまい、取り返しのつかない事態になってしまいます。
おまとめローンをする以上は、絶対にそのお金は返済にあてるようにしましょう。

 

どうしても返済に自信がない場合は、消費者金融のおまとめ専用ローンを利用しましょう。

 

銀行とは違い、借入先のカードローン会社があなたに代わって借金を返済してくれるので、返済分のお金が一時的にでも手元に置かれることはありませんし、返済漏れといった心配もなくなります。

 

ただし、おまとめ目的ではない場合、総量規制の対象となるので年収の3分の1しか借りれません。年収の3分の1を超えるおまとめ目的の場合は、必ず申し込み後におまとめ専用ローンを希望することを電話で伝えましょう。

 

もちろん、返済額が年収の3分の1以下の場合はその限りではありません。

 

プロミスおまとめローン

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アイフルおまとめローン

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

 

では、一方で債務整理をする場合はどうでしょうか。

 

150万円を超える債務整理は弁護士しかできない!司法書士にできないこととは?

債務整理を依頼するのは弁護士、もしくは司法書士のいずれかということになりますが、弁護士と司法書士の違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

まず債務整理の交渉について弁護士に制限はありませんが、司法書士は140万円以下の事件についてのみ訴訟代理権が認められますので、万が一150万円を超える債務整理であれば司法書士は受けることができませんので弁護士に依頼することになります。

 

この「140万円以下」という金額は債権者ごとに判断をするものではなく、依頼した人の債務の総額で判断をし、ここで借金の総額が140万円を超えた場合は、司法書士に交渉権限がないということになります。

 

現状、150万円以上借り入れがある場合は、債務整理の依頼は弁護士にすることになります。

 

さらに司法書士は引き直し計算によって140万円を超える過払い金がある場合、返還交渉ができません。

 

引き直し計算とは

グレーゾーン金利で借りたお金を利息制限法に従った適法な金利で計算し直すこと。

 

例えば、グレーゾーン金利が年利29%で100万円の借り入れをした場合、1年後には返済額が129万円になる。
しかし、利息制限法により、100万円は15%までしか金利が付けられないので、最大でも115万円にしかならない。

 

この129万円−115万円の差額である14万円が過払い金として請求ができ、これが140万円を超えると司法書士で返還交渉ができなくなる。

債務整理の結果、たくさんの債務が残って「自己破産」や「個人再生」を申し立てなければならないという状態になった場合、自己破産や個人再生の手続きを地方裁判所に申し立てなければなりません。

 

この手続きについては司法書士には代理権がありませんので、司法書士は申し立ての書類を作成することしかできません。

 

よって依頼者自身がその書面を裁判所に申し立てをする必要がありますので、裁判所との大変な対応を自分で行うことになります。

 

一方で弁護士の場合は申請書類の作成はもちろんのこと、財産の調査や裁判所への自己破産の申立てまでを行ってくれます(必要な書類は自分で集める必要があります)。

 

債務整理を弁護士に頼む場合に読みたい記事
  • 債務整理費用は高い?借金だらけのアナタでも絶対に弁護士費用が支払える理由

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。