申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

複数から借り入れしている時に第一候補となるおまとめローン。

 

しかし、おまとめローンはカードローンの申し込みがブラックでも利用することは可能なのか、といった疑問が出てくるかと思います。

 

金融ブラックの方、特に申し込みブラックの方がおまとめローンを利用する際に確認しておきたいポイントと注意点を解説します。

 

多重債務者がおまとめローンを利用できないケースとは?

おまとめローンはその名の通り複数の借金をまとめるローンなので、融資額が大きく、かつ多重債務者にお金を貸すといったものになります。

 

そのため、貸す会社側からしたら通常の融資よりリスクを伴うもので、厳しめに審査が行われます。

 

そうはいっても、複数の借り入れをひとつにまとめるサービスですから、借入が絶対にできないということはもちろんありません。

 

おまとめする際にとくに重視されているのが、現在の定収入と何社からいくら借り入れがあるか、です。

 

消費者金融や銀行は、融資の際に信用情報機関に個々人の借入れ・返済状況を確認します。

 

このとき、年収以上の借り入れがあったり、短期間にいくつものカードローンに申し込んでいたり、過去に延滞や滞納があったりするとおまとめローンの審査にほぼ通りません。

 

もし、心当たりがあるといった場合、おまとめローンの審査に通過することはできない?
と思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

 

おまとめができなくても闇金・ソフト闇金には手を出すな!

おまとめローンを意識し出す頃には、すでに借金で首が回らなくなっている方が多いです。

 

そういった中、申し込みブラックになっていて、おまとめローンを利用できない場合、「審査なし」「ブラックOK」といった闇金に手を出してしまうケースも…

 

それだけではなく、最近増えているのがソフト闇金と呼ばれるもの。違法な金利をさも合法のように謳い、低姿勢の優しい対応をして多重債務者を次々と引っかけていっています。

 

闇金は年利20%など法外な金利を設定しているのは当たり前ですが、つい借りる先がないからといって手を出してしまう人が後を絶ちません。

 

こういったところには絶対に手を出さないといった強い意志を持つことは非常に大切です。闇金に手を出してしまったら、借金返済どころの話ではなくなりますから…

 

闇金の場合、金融庁に届け出自体をしていないので、登録番号がありません。

 

しっかりと金融庁に認可された金融業者か分からない場合、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで調べることができるので、聞き覚えがない貸金業者だったら一度確認をすることをオススメします。

 

簡単な見極め方としては、090や050から始まる金融業者は闇金と考えてもいいでしょう。

 

信用情報機関とCRINとは?

現在、日本にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3社の信用情報機関が存在しています。

 

そもそも信用情報機関とはなんぞや?という方に説明しますと、個人の信用力を判断するため、クレジット会社、信販会社、銀行に消費者金融が照会を依頼するところです。

 

お金を貸す側としては消費者の借り入れ状況や返済が滞りなく行われているかは大変重要な判断基準になってくるので、おまとめローンに限らず、フリーローン、クレカ審査の際は信用情報機関に照会をするわけです。

 

これら3社はそれぞれ異なる信用情報を持っており、消費者金融と銀行で照会先が異なります。

 

照会先

消費者金融 JICC、CIC
銀行 JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センター

これらの情報はCRINという交流システムにより共有され、消費者金融や銀行などに情報を提供しています。
返済や延滞がある人に、これ以上貸付をしないように!と多重債務を防ぐ、大きな任務をになっているのがこのCRINというわけです。

 

金融ブラックってどんな状態のことを言うの?

いわゆる金融ブラックとは、過去の支払いや返済が延滞、滞納した場合などに、信用情報機関に情報が記載されることを指します。
これを事故情報といいます。

 

事故情報として信用情報に記載されるのには条件があります。

  1. 返済が3ヶ月以上遅れた場合
  2. 債務整理をした場合
  3. 短期間の間に複数のクレジットカードやカードローン、おまとめローンを申し込んだ場合

このようにさまざまなケースで事故情報として記載されます。

 

これらの金融事故が信用情報機関に記載されると、多くの金融商品の融資に大きく影響を及ぼします。

 

短期間でカードローンなどを申し込んでブラックになった場合、6ヶ月で情報が消えます。

 

しかし債務整理や延滞・滞納の場合5年〜10年情報が残ってしまうので新規の借入れは不可能と言えます。

 

このように、おまとめローンを検討する前に自分の借り入れ状況や信用情報をきちんと把握することが大切です。

 

各信用情報機関での情報開示は郵送、ネット等で500〜1000円で開示出来るので、おまとめローンを申し込む前に一度問い合わせしてみるといいでしょう。

 

信用情報の開示についてはこちらの記事が参考になります

個人信用情報の開示手続き方法

もしもあなたが金融ブラックだったら…

調べてみた結果、事故情報が記載されていた…
こんな場合はもうおまとめローンは利用できないのでしょうか?

 

多重申し込みの場合

多重申し込みの場合、信用情報機関に情報が6ヶ月残るのは先ほども書いた通り。

 

通常、多重申し込みとは1ヶ月の間に3社以上金融商品を申し込んだ状態です。
やはり貸金業者、銀行側も短期間に何社も申し込んでいると分かると、融資に積極的ではなくなります。

 

もし、多重申し込みをしてしまった場合は、情報が抹消される半年後に再度チャレンジすると審査に通過しやすくなります。

 

その期間にできるだけ借り入れ額を少なくするのはもちろんですが、借り入れ件数が減らせていれば、なおよしと言えます。

 

過去に滞納・延滞をした場合

過去の延滞・滞納が原因で新たな消費者金融やクレジットカードの申し込みができなくなります。

 

この場合は5年待つ必要がありますが、自己判断で大丈夫!と考えず、申し込み前に信用情報を開示してからおまとめローンに申し込むようにしましょう。

 

もし滞納・延滞で5年間申し込みができない場合は、コツコツと借金を返済しながら次の機会を気長に待つことになりますが、もし多額の借入れがあり自転車操業になっているのなら、迷わず債務整理をする勇気も必要になってきます。

 

債務整理についてはこちらのサイトが参考になります

債務整理のすすめ|元多重債務者が語る借金地獄からの生還

事故情報がない場合、低金利の銀行カードローンでおまとめOK

もしあなたが申し込みブラックでなければ、金利が低い銀行でおまとめローンするのを視野に入れてみましょう。

 

銀行でおまとめをする際の注意点

銀行でおまとめローンをする際にはいくつか注意が必要です。

 

ほとんどの銀行にはおまとめ専用のローンが存在しない

ほとんどの銀行にはおまとめ専用のローンがないので、通常のカードローンで借り入れすることになります。

 

銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。

 

銀行のカードローン審査は厳しい

昨今銀行カードローンによる多重債務者が激増していることが社会的問題にもなっており、どの銀行も多額の融資には慎重になっています。

 

収入証明書類も50〜100万円の借り入れから必要になる場合もあり、借入れ先が多いと銀行での一本化は難しくなってくるでしょう。

 

消費者金融でおまとめした方がお得な場合も…

消費者金融の場合、総量規制の対象になってしまいますが、おまとめ専用プランを利用するとその対象から外れます。つまり、消費者金融からの借り入れなのに、年収の3分の1以上の利用が可能となるわけです。

 

消費者金融のおまとめ専用プランは、各社が消費者の名前で、借り入れ先への返済を代行してくれるといった利点があります。
つまり、自然と借り入れ先がおまとめローンを申し込んだ消費者金融のみになるということです。

 

一方で銀行の場合、ほとんどの場合カードローンでおまとめをすることになるので、借り入れ先への返済は自分で行わなければなりません。

 

そのため、金銭管理能力がない方は、借り入れ先へ返済せずにお金を使ってしまい、かえって借金を増やしてしまうケースも多く報告されています。

 

確実におまとめしたい場合は、消費者金融のおまとめ専用プランを利用して、借金を一本化しましょう。

 

プロミスおまとめローン

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アイフルおまとめローン

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。