審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

おまとめローンの申し込みに必要な書類にはどのようなものがあるでしょうか?

 

在宅ですぐに取り寄せられる書類ばかりとは限りませんし、場合によっては手元に届くまでにかなりの時間を要する場合もあります。

 

おまとめローンの申し込みをしてしまった後で大慌てをしなくて済むように、必要書類の入手方法は予め調べておきましょう。

 

おまとめローンの申し込み時に必要な書類とは?

おまとめローンを利用する際に必要な書類は、住宅ローンなどの申し込みをする時とは異なり、意外なほど少ないです。

 

利用する金融機関や借り入れる金額によって多少の違いはありますが、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 借入残高証明書
  • 返済時に使用する銀行口座と届出印

を事前に準備しておけば、おまとめローンの審査をスムーズに受けられます。

 

本人確認書類の準備

上に挙げた準備しておきたい書類のうち、どの金融機関のおまとめローンに申し込む場合でも必ず必要な書類が本人確認書類です。

 

本人確認書類は顔写真入りのものが一般的とされているので、運転免許証やパスポートなどを持っていれば問題ありませんが、運転免許証もパスポートも持っていない場合は、金融機関が指定する書類を準備しなければなりません。
その場合、

  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 公共料金の領収証
  • 国税や地方税の領収証

のうちから1点、もしくは2点を提出するよう求められるケースが多いようです

 

ここで注意点がいくつかあります。

 

まず、住民票や印鑑証明書、各種の領収書などは金融機関によって有効期限が異なりますので必ず各金融機関の申し込み書類の用件を確認してください。
多くの場合、金融機関で書類を確認する時点より3ヶ月以内から6ヶ月以内のものに限るとされているので、できるだけ直近に取得した書類を提出しましょう。

 

また、提出する書類の記載住所が現住所と異なる場合には、現住所が記載されている書類が必要になります。
本人確認書類の住所が現住所と異なっていると何かと面倒なことが多いですので、予め本人確認書類は現住所に変更しておくことをお勧めします。

 

そして、公共料金の領収書を本人確認書類使用する場合、携帯電話の領収書は使用できないことが多いですので、電気・ガス・水道・固定電話などの領収書を使用しましょう。

 

収入証明書の準備

消費者金融では借入金額が50万円以上になる場合や、他社からの借入金額との合計が100万円以上になる場合には収入証明書の提出が義務付けられています。

 

おまとめローンの利用時には複数の借り入れを一本にまとめますので、どうしても借入金額が多額になりますので、収入証明書が必要になるケースも多いです。

 

銀行の場合はそのような規定は特にはありませんが、自主規制強化の影響によって消費者金融並みの規制を採用している金融機関もあります。
全ての銀行のおまとめローンがそうだという訳ではありませんが、消費者金融と同じ程度の基準で収入証明書が必要になると考えておく方がよいでしょう。

 

収入証明書には次のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書・住民税課税証明書
  • 確定申告書

一般的なサラリーマンと個人事業主などの自営業者とでは、収入証明書として使える必要書類が異なることに気をつけて下さい。

 

サラリーマンの場合は、源泉徴収票、給与明細書、課税証明書を使用できます。
源泉徴収票が準備できれば収入証明書はそれ一枚で済みます。
しかし、給与明細書を収入証明書として使用する場合だと、直近2〜3ヶ月分が必要だったり、ボーナスの明細書が必要だったりすることもありますので、金融機関にしっかり確認を取るようにしましょう。

 

また、個人事業主など自営業者の場合なら、確定申告書、課税証明書を収入証明書として使用できます。

 

参考:個人事業主でもおまとめローンはできる? 申し込み前のチェックポイント

 

借入残高証明書

 

現在抱えている借入残高を証明する書類は、金融機関によっては特に提出する必要がないこともありますが、おまとめローンで借り入れをするのに必要な金額を確認するためにも準備しておくと役立ちます。

 

一番簡単な借入残高の確認方法は請求書や領収書で確認をすることです。

 

金融機関のホームページでも簡単に確認ができますから、プリントアウトなどをして借金の総額を計算しておけば、おまとめローンでどのくらいの金額を借入すればいいか確認しやすくなります。

 

また、おまとめローンの申し込みに際して書類として提出したいのであれば、少し手続きが面倒になりますが「取引履歴開示請求」をしてみてもよいでしょう。

 

金融機関によって異なりますが、基本的には無料で手続きできるケースが多いようです。
金融機関に問い合わせをすれば書類を郵送してくれたりWEBからの印刷方法を教えてくれたりしますので、本人確認書類の写しとともに提出します。

 

開示されるまでの期間は金融機関によって異なりますし、大抵の場合、取引履歴は郵送で送られてきますので、ある程度の期間を見込んで申し込みをしましょう。

 

銀行口座と届出印

 

おまとめローンでは口座振替による返済が主流になりますので、返済に利用する銀行口座と届出印を準備しておきましょう。

 

消費者金融のおまとめローンの場合には、持っている銀行口座があればそれを利用できます。

 

銀行のおまとめローンの場合だと、返済にその銀行の口座しか利用できないというケースもよくあります。
もしその銀行の口座を持っていなければ口座開設する必要がありますが、その場合には本人確認証と届出印が必要です。

 

申し込んでから準備、では間に合わない!取得に手間がかかる書類もある

本人確認書類に住民票や印鑑証明書を利用する場合は、住んでいる地区の市町村役場などでそれらの書類を取得する必要があります。

 

収入証明書に関しては、源泉徴収、給与明細書などは勤務先から発行されていますので、それがあれば特に他の書類は必要ありません。
また、住民税決定通知書・住民税課税証明書は、毎年6月頃に発行されます。
サラリーマンの場合なら会社から受取りますし、個人事業主などの場合は役所から送られてくる覚えがあるのではないでしょうか?

 

これらの書類をもし紛失してしまったという場合には、代わりに町村役場で発行される所得証明書を取得するのが最も簡単でしょう。

 

住民票や印鑑証明書、所得証明書などは、役所が開いている平日の夕方までに窓口に出向かなければいけないという手間はかかってしまいますが、その場ですぐ書類を発行してもらえるので比較的取得しやすい書類だといえます。

 

自治体によってはコンビニエンスストアや地下鉄の駅などでそれらの書類の申請や受け取りを受け付けていることもありますので、条件が整っているのであればそうした方法を利用するのもよいでしょう。

 

借入残高証明書なども、すぐに準備できる書類ではないので注意が必要です。
もし、 借入先が複数あればその数だけ書類が必要になりますし、借入先の金融機関によって発行にかかる日数もまちまちです。

 

わざわざ取得する必要がある書類は、手元に届くのにどのくらいの時間がかかるのかを事前にしっかり調べておきましょう。
申し込みをしてから慌てることのないように、時間にゆとりを持って取り寄せたいものです。

 

おまとめローンの申込書の記載事項、事前に調べておいた方がよいこととは?

おまとめローンの申込書に記載する項目は大きく分けると、

  • 自分自身の名前や住所、持ち家か借家か、また家族構成などといった自分自身に関する情報
  • 自分の勤務先や職種、所属部署、収入、勤続年数などといった属性に関わる情報
  • 住宅ローンの有無やその残高、他のカードローンやフリーローンの借り入れ状況など、他社からの借り入れに関わる情報

の3つに分けられます。

 

これらの記載事項の中で、 事前に調べておいた方が良い項目はやはり他社からの借入状況に関する部分でしょう。

 

既存の借り入れを全てキチンと把握できている人はごく少数派でしょうし、借入先が複数あればなおさら正確な借入金額を把握することは困難です。

 

他社からの借入状況を正確に申告することは、おまとめローンの審査において非常に重要ですので、おまとめローンの申し込み時に借入残高証明書が必要でなくても、他社からの借入状況を正確に把握するために借入残高証明書を前もって準備しておくことをおすすめします。

 

これはゼッタイにダメ!虚偽の申告や記入ミス

 

おまとめローンの申告書の記載事項は、自己申告が基本です。

 

年収や勤続年数、自宅のローンの有無や他社からの借り入れ状況、できればなるべくおまとめローンの審査に差し障りがないような内容を申告したいと思うのは誰でも同じでしょう。

 

しかし、申告書の記載事項は審査の際に厳密に確認が行われますので、虚偽の申告事項があればすぐにわかってしまいます。

 

申告した内容が虚偽だったということが判明すれば、おまとめローンの審査に通ることは極めて困難になるはずです。
それは、おまとめローンが担保や保証人を必要としない、個人の信用に基いた信用取引であるからです。

 

金融機関の信用を失って、おまとめローンの審査に落ちてしまうようなことがあれば、今後別の審査にも影響が出てくるでしょう。

 

また、虚偽の申告以外に書類の記載ミスも避けたいものです。

 

たとえそれが故意ではないとしても、申告内容に誤りがあれば虚偽の申告があったと見なされてしまう恐れが大きいからです。

 

ですから、書類の記入には細心の注意を払い、間違いのないようにしましょう。

 

準備が整ったら申し込むべきおまとめローン業者

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アイフルおまとめローン

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

プロミスおまとめローン

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。