【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

複数の金融機関からカードローンの借り入れがあると、多かれ少なかれ負担を感じるものです。

 

金融機関によって毎月の返済日や返済金額は異なるので、借り入れがいくつもあると、まず毎月何日にいくら返済するかというスケジュールを管理するのが大変になります。
もちろん返済金額そのものだって、いくつも重なれば負担になってくるでしょう。

 

このように複数の借り入れを負担に感じるようになったら、おまとめローンの利用を検討してみる方がいいかもしれません。

 

おまとめローンで複数の借入を一本化すれば、月々の返済は一度で済みます。

 

より重要なのは、自分の条件に合ったおまとめローンを上手に利用できれば、今までより金利を安くすることができ、なおかつ毎月の返済金額を低く抑えることだって可能になるという点です。

 

ただし、効率よくおまとめローンを利用するには、日頃から自分の借り入れ状況をしっかりと把握しておかなければなりません。
タイミングを逃さずにおまとめローンで借金を一本化できる状況作りをしておくことはとても重要なポイントです。

 

確実におまとめローンの審査に通過するには、申し込みをするタイミングを見極めることも大切です。

 

おまとめローンを利用するかこのまま返済し続けるか悩んでいるうちに機会を逃してしまい、さらに借り入れを重ねてしまったりすればその分おまとめローンの審査に通る確率は下がってしまいます。

 

おまとめローンの利用を検討し始めたら、まずはできるだけ多くのおまとめローン商品を比較してみることをおすすめします。

 

おまとめローンの相談は金融機関にするのがおすすめ!

ただし商品概要説明書を見ているだけでは分からない部分も多くあるはずです。

 

返済条件が今までと比べて有利になるかどうか、有利になるのなら金利がどれぐらい下がるか、毎月の返済がいくらくらいになるのか、また総返済額をどの程度圧縮できるのか、といったことを自分一人で判断することはなかなか困難です。

 

多重債務の程度がそれほど深刻でないようなら現在借り入れしている金融機関でおまとめローンについて利用相談をしてみてもいいかもしれません。これまできちんと返済実績を積み上げてきているなら、親身になってアドバイスしてくれるはずです。

 

もちろん借入の状況に応じて他の金融機関の商品を検討するのも良いでしょう。

 

そこで、これはと思うおまとめローンがあれば、商品を提供している金融機関にまず相談してみることをオススメします。

 

多くの金融機関には 専用のコールセンターが設置されており、商品に関してオペレーターに相談したり質問したりすることができます。

 

申し込みに関する様々な手順や必要書類、月々の返済額や総返済額について詳しく聞くことができますので、おまとめローンを決定する上で大変参考になります。

 

いくつもの借り入れを一つ一つチェックしたり、細かい見積もりを出したりといったことは、自分だけでこなすには大変な作業です。豊富な知識を持った金融機関のオペレーターや担当者に相談しながら、より効率のよい返済方法をアドバイスしてもらう方が確実でしょう。

 

金融機関でおまとめするなら

プロミスおまとめローン

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アイフルおまとめローン

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

 

どうしよう…選択に迷った時にはこんな相談先もある

ただ、最終的にどのおまとめローンを利用するかは当然のことですが自分で決定しなければいけません。

 

銀行のおまとめローンを選ぶのがいいか消費者金融のおまとめローンを選ぶのがいいか迷ってしまう場合もあるでしょうし、検討しているおまとめローンが果たして本当に自分に合っているのかどうか不安になってしまうこともあるでしょう。

 

また、おまとめローンは希望さえすれば誰もが利用できるというわけではありません。

 

現在何社から総額いくらぐらいの借り入れがあるのか、収入に対する返済の割合がどのくらいになっているのかなど、利用者の借入状況によっては当然おまとめローンの審査に通らない場合も出てきます。

 

借り入れがいくつもあると、自分自身の借り入れの状況を十分に把握しきれず、本当におまとめローンを利用すべきなのか、他の解決方法に頼った方がいいのか分からなくなってしまうことももちろんあるでしょう。

 

最終的な判断に自信が持てない場合には中立的な公的機関やファイナンシャルプランナーなどに 相談してみるのも有効です。

 

公的な相談機関としては、

  • 公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会  多重債務ほっとライン
  • 日本貸金業協会 
  • 全国各消費者センター 消費者ホットライン
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 一般社団法人日本クレジット協会 相談窓口
  • 一般社団法人全国銀行協会 相談室

などがあります。

 

いずれの窓口も金融機関などへの仲介や斡旋は行っていませんが、中立的な立場で相談に乗ってもらうことができますし、料金も無料となっています。

 

相談料はかかりますが、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談するのもよいでしょう。

 

金融機関以外に借金問題について相談できるところといえば、弁護士や司法書士などを思い浮かべる方も多いかもしれません。

 

しかし弁護士や司法書士はどちらかといえば債務整理などに関する代理人としてのサポート業務が本来の職務ですので、おまとめローンの相談先としては必ずしも適当であるとはいえません。

 

審査に通らなかった場合にはおまとめローン以外の解決法も

おまとめローンの申し込みをしてみたものの、審査に通らなかったというようなケースは残念ですがもちろんあります。

 

おまとめローンの審査に落ちてしまうと、個人信用情報に審査落ちの事実が登録されてしまいます。

 

個人信用情報は複数の信用情報機関で共有されており、金融機関では信用情報機関に照会をかけて申込者の信用情報の提供を受け、ローン審査を行っています。

 

ローンの審査に通らないということは、信用情報に何か不利な点があるのではないかとみなされ、別のおまとめローンに申し込もうとしても審査に通過することが難しくなる傾向にあります。

 

また、借り入れ状況によってはおまとめローンを利用するより債務整理をした方がいいケースもあります。

 

例えば、借入の返済をするために別の金融機関から借り入れをしているといった具合に、自転車操業の状態に陥ってしまっているような状況なら、おまとめローンで借金を一本化することは諦め、思い切って任意整理で元本を減らすことを考えた方がいいでしょう。

 

弁護士や司法書士といった法律のプロなら迅速に問題に対応してくれますので、一刻も早く相談することをオススメします。

 

借金の返済が負担になってくると多重債務の状態に陥りやすくなります。
何とかしなくてはという気持ちが先行しすぎると冷静な判断を下せなくなってしまうものです。

 

おまとめローンを利用する場合も、後先考えずに飛びついてしまうのではなく、まずはしっかり段階を踏んでしかるべき機関に相談することが大切です。

債務整理についてはこちらのサイトが参考になります

債務整理のすすめ|元多重債務者が語る借金地獄からの生還

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。