おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

まず利息制限法による法定金利の上限をしっかり覚えておきましょう。

 

上限金利は、10万円未満の借り入れの場合には20%、10万円以上100万円未満の借入の場合には18%、そして100万円以上の借り入れの場合なら15%となっています。

 

消費者金融のおまとめローンのデメリットは金利が高いことです。

 

複数の借り入れがいずれも消費者金融からで、借り入れの各々が100万円未満、借入総額が100万円以上になる場合で現在の適用金利がいずれも15%以上であるなら、それらをまとめることで適用される上限金利が下がりますので金利負担は小さくなると言えます。

 

しかし、それ以外の場合であれば、金利の負担を抑えるという点について、消費者金融でおまとめローンを利用するメリットはあまりないと言えるでしょう。

 

一方、銀行では専用のおまとめローンが提供されていることは少なく、通常のカードローンをおまとめローンとして利用することが多くなっています。

 

銀行カードローンは商品によって金利が随分異なります。また借入金額によって金利が細かく細分化されているので、上手に利用できればかなり金利を低く抑えることができます。

 

しかし、それには現時点での借入を詳しく把握しておかなければなりませんし、これから借入する商品についても細かな点まで充分に理解することが重要になってきます。

 

確実にこれまでよりも金利を低くするには複数の借り入れの加重平均金利を計算して、それよりも低金利なおまとめローンを選択することが必要です。

 

毎月の返済額によっては返済総額が増えてしまうこともある

おまとめローンを利用する目的は人によって異なります。

 

毎月バラバラに分かれている返済日をまとめて管理しやすくしたい、金利を低く抑えたい、毎月の返済金額を減らしたいなど理由は様々あり、その点についてはおまとめローンを利用する時に入念に下調べするでしょう。

 

しかし、おまとめローンを借りることによって総返済額がどの程度抑えられるかというところまでしっかり計算する人はどの程度いるでしょうか?

 

例えば、おまとめローンとして利用できる銀行カードローンの中には、借入残高に応じて約定返済金額が設定されていることがあります。その金額がこれまでの返済額よりもうんと低くなってしまうと、毎月の返済は楽になりますがその分返済期間は長くなっていきます。

 

カードローンの借り入れについては金利をいかに抑えるかということに重点が置かれがちですが、実は返済期間を短くするということも金利を抑えるのと同様大変重要なポイントなのです。

 

毎月の返済金額を低くする場合は、返済金額をどの程度まで押さえると総返済額が増えることになるのかしっかり計算しましょう。

 

多くのおまとめローンやカードローンでは、随時繰り上げ返済ができるようになっていますので、生活に支障をきたさない範囲でできるだけ多く返済するようにしましょう。総返済額が増えてしまっては、わざわざおまとめをした意味がなくなってしまいます。

 

やはりどうしても審査が厳しくなる

おまとめローンやそれに代わるカードローンを借り入れする際には、改めておまとめローンの審査を受ける必要があります。

 

ところがおまとめローンの申込者は全て多重債務者です。その上、借入金額も大きくなりますので、金融機関は貸し倒れリスクを考慮するという点で審査に慎重にならざるを得ません。結果として、ローンの審査はどうしても厳しくなる傾向にあります。

 

借り入れ先がいくつもある、短期間のうちに複数の会社から借り入れをしている、また勤続年数が1年未満であるというような場合だと、審査に通過するのは難しくなるでしょう。

 

カードローンで借り入れをする場合にはむやみに借り入れ先を増やしたり、立て続けにローン審査に申し込みをしないことです。

 

また勤続年数が1年に満たないような場合なら、勤続年数が1年を超えるまではおまとめローンの申し込みは見合わせた方がいいでしょう。万一おまとめローンの審査に通らなければ、その事実が個人信用情報に記載されてしまいます。

 

カードローンでお金を借りた時には、借り入れたお金に真摯に向き合って誠実に返済をしていくことが大切です。そうして信用を積み上げておけば、おまとめローンの審査だからといって身構えることもないでしょう。

 

目的意識をしっかり持たないと借金が増えてしまうかも?

おまとめローンは、いま返済が大変である複数の借り入れの負担を少しでも減らすために利用するローンです。

 

つまりこれ以上は絶対に借金を増やしてはいけないのです。その点を強く意識していないと、さらに借金が増えてしまうというようなこともあるのです。

 

消費者金融では、おまとめローンを利用することによって追加融資を受けることができなくなります。そしてそれまでの借り入れは全て消費者金融が代わりに返済手続きを行います。まさに返済のためのローンなのです。

 

しかし、おまとめローンとして利用できる銀行のカードローンの場合だと、返済手続きは自分で行うのが普通です。

 

また消費者金融のように追加で融資を受けられなくなるということはなく、ある程度返済することでローンに枠が空けば、いつでも追加で融資を受けることが可能です。

 

必ずこれまでよりも有利な条件で返済を完了させるのだ、と強い意思がないと、これまでの借り入れの返済さえせずに別のことにお金を使ってしまったり、融資枠が空いた時に新しくお金を借りてしまったりして、逆に借金が増えてしまうでしょう。

 

まとめ

おまとめローンのデメリットを挙げましたが、それでもおまとめローンを利用するメリットは多くあります。

 

複数の借り入れを一つにまとめることによって返済日を統一することができれば、返済の管理は格段に楽になります。

 

また、一般的なカードローンのおまとめローンなら保証人は不要ですので、第三者を巻き込む心配もありません。

 

おまとめローンの借り換えを成功させるためには、金利が下がり、同時に返済金額も下がり、なおかつ返済期間が短くなることがポイントになります。

 

デメリットとして挙げた項を充分に検討して克服することができるのなら、やはりおまとめローンは返済を圧縮するには有利な方法だと言えます。

 

それには事前の入念な準備が必要です。しっかりとリサーチをして、ぜひ目的にあったおまとめローンを見つけてください。

 

代理返済してくれる消費者金融のおまとめローン

アイフルおまとめローン

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

プロミスおまとめローン

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。