金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

インターネットや街頭で「30日間利息無料!」といったカードローンの広告を目にしたことはないでしょうか。

 

カードローンを利用するなら金利が少しでも低い方が良いけど、お金を借りても利息が無料なんておいしい話は信じていいの?と不安に感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、実際に様々な金融機関で利息が無料のカードローン商品が取り扱われており、利用者もたくさんいます。

 

例えば、プロミスでは初めて利用する方がWEB明細の利用とメールアドレスの登録をすれば、初回借入の翌日から30日間の無利息サービスが利用できます。

 

アコムでも、アコムの利用が初めての方が返済期日を「35日ごと」で契約をした場合、契約日の翌日から30日間の金利0円サービスが利用できます。

 

その他にもアイフルや楽天銀行などでも同様の無利息サービスが用意されています。

 

初回利用限定などの条件はありますが、30日間お金を無利息で借りることができるのは消費者にとって非常に嬉しいサービスです。

 

その一方で、カードローン会社からすれば、本来であれば30日分の利息を得ることができる機会を手放しているので損をしているように見えます。

 

利益を得ることができないにも関わらず、なぜこのようなサービスを提供することができるのでしょうか。

 

その答えは、カードローンの利用へのハードルを下げて、新たな利用者を獲得するためです。

 

カードローンは便利な反面、金利が高くて利息を支払うのが大変という印象を持っている方が多く、初めてカードローンを申し込むには勇気がいります。

 

しかし、無利息でお金を借りることができるのであれば、どれくらい利息がつくか不安で今までカードローンを敬遠していたという方でも無利息の期間内に少し使ってみようという気持ちにもなりやすいのではないでしょうか。

 

初回の金利ゼロの期間のみの利用であればカードローン会社にとっての直接的な利益はありませんが、2回目からは通常通りの金利が適用されるので十分に利益を確保できるチャンスはあります。

 

各社が展開している無利息サービスは、初回利用でカードローンの利便性を実感してもらい、2回目以降のリピーターを獲得するための戦略なのです。

 

短期間で借りるなら無利息のカードローンを選ぼう!

無利息のカードローンは、無利息期間を1日でも過ぎると通常通りの金利が付与されるようになります。

 

無利息サービスが利用できるカードローンは通常時の金利が高いケースが多いのですが、10万円でも100万円でも期間内に完済するのであれば高金利だとしても利息は一切かかりません。

 

年利18.0%のカードローンで50万円を30日間で借入した場合、通常であれば50万円×18.0%×30日÷365=7,397円の利息を借入元金50万円に上乗せして返済しなければなりませんが、無利息サービスのあるカードローンを利用すれば元金の50万円だけ返済すれば良いのです。短期間で完済できるのであれば、無利息サービスのあるカードローンが断然お得です。

 

こうした無利息期間のあるカードローンは、30日の間であれば追加で借入した場合も、一度完済してから再借入した場合も無利息の対象です。上手に使えば非常に便利なサービスなので、適用条件をよく確認した上で利用するようにしましょう。

 

低金利のカードローンの方がお得になる場合も。その境界線はどこ?

無利息サービスは一定条件を満たせば金利0%で借入ができる非常にお得で嬉しいサービスです。

 

しかし、無利息のカードローンを使う方がお得だろうと思っていても、場合によっては無利息期間のない低金利のカードローンを選択する方がお得になるケースもあります。

 

例として、高金利でも無利息期間があるA社と無利息期間はないが低金利のB社で30万円を1年間借りた場合の年間の利息の差を見てみましょう。

A社 B社

金利18.0%、無利息期間30日
30万円×18.0%×(365-30)÷365=49,561円

金利12.0%、無利息期間なし
30万円×12.0%×365÷365=36,000円

A社は1年間のうち約1ヶ月無利息ですが、残りの11ヶ月間は18.0%という高い金利が付加されています。そのため、結果的には無利息期間がない低金利のB社の方が利息を低く抑えることができています。

 

このように長期間にわたって借入をする場合は、無利息期間がなくても低金利のカードローンを選んだ方が支払利息額は少なくなります。

 

どちらを選ぶ方がお得になるかという境界線は金利によっても異なりますが、このケースの場合は90日が分岐点となります。90日以内で返済できるのであれば無利息期間のあるA社、90日を超えるのであれば低金利のB社を選ぶと良いでしょう。

 

また、高額融資の場合も返済期間が長くなる傾向にあります。

 

無利息期間内に返済できなければ高額の元金に対して高い金利が付加されてしまいますので、このような場合も最初から低金利カードローンを選択する方が良いでしょう。

 

銀行カードローンと比較すると消費者金融は金利が高い傾向にありますが、無利息サービスを行わず低金利で利用できる消費者金融もあります。

 

モビットには無利息サービスはありませんが、年利3.0〜18.0%と消費者金融の中でも最低金利が低く、銀行並みの金利で利用できるのが特徴です。銀行カードローンは低金利だけど審査基準が厳しくて利用できるか不安という方でも利用しやすいカードローンです。

 

また、楽天銀行のスーパーローンは無利息期間がある上に、年利も1.9%〜14.5%と低金利の魅力的な商品です。キャンペーン期間中には更に金利が低くなっている場合もありますので、こうした低金利のカードローンも上手く利用して利息を低く抑えていきましょう。

 

短期の場合は無利息、長期の場合は低金利のカードローンを使おう!

無利息にも低金利にもどちらもメリット、デメリットがあります。カードローンの利用期間や借入の頻度など、個々の状況に応じてどちらを利用するべきかは違います。

 

短期間での借入なら無利息、長く借りて今後も頻繁に利用する予定があったり、高額で借りるのであれば低金利のカードローンというように使い分けるのがオススメの使い方です。

 

どちらを選ぶかによって支払利息の額に大きな差が生じるケースもありますので、両方の場合の返済シュミレーションを行ってみるのも良いでしょう。

 

ただし、無利息だから、低金利だからといって、安易にカードローンを利用するのは危険です。しっかりと返済計画を立て、無利息であれば定められた期間内にきちんと返済し、低金利の場合にもお金に余裕がある時には前倒しで返済を行って短期間の完済を目指せば、利息負担も軽くなります。

 

消費者金融でおまとめするならこちら

アイフルおまとめローン

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

プロミスおまとめローン

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。