おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?

おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?

複数のカードローンで借入をしていた借金をおまとめローンで一本化したのはいいけど、その返済期間中に急に生活費や友人の結婚式などでお金が必要になった…

 

そんなとき、他社からお金を借りることは可能なのでしょうか。

 

おまとめローン中に新規で借入する場合に見ておきたいポイントは下記の点。

 

借り入れをしたら規約違反となるのか

おまとめローンを組んだ後に新規借入を申し込むと規約違反にならないか気になる方もいるかもしれませんが、新規借入の申し込みは違反対象になりません。

 

しかし、新規借入の申し込みと借入ができるかどうかは別問題です。

 

新規借入の審査に通るか

現状、おまとめローンを組んでいる人が借入希望先の審査に通る確率は極めて低いと言えます。

 

理由は単純。おまとめローンを組んだ人の情報は、必ず「個人信用情報機関」に登録され、各金融機関で共有されているからです。

 

どこから借入したことがあるのか、何社に申し込みをしているかはもちろんのこと、複数の借入をおまとめローンで一本化したこともすぐに分かってしまいます。

 

新規に借入申し込みをしたいのであれば、借金が完済してからの方が無難といえます。

 

おまとめローン後に新規借入の申し込みを行う場合の注意点

おまとめローン中に新規で他社からの借り入れを申し込む場合、注意しなければならないことがあります。

 

それは、自分が利用しているおまとめローンの貸付条件と金融機関の借入に関する規約をきちんと理解しているかどうかです。

 

おまとめローンとひと口に言っても、各社各商品によって、さまざまな形があります。また、銀行系のおまとめローンと消費者金融のおまとめローンでは、貸付条件が全く異なります。

 

そのため、再び多重債務者にならないためにも、自分が利用しているおまとめローンの規定をきちんと把握しておくことが重要です。

 

おまとめローン中に新規で他社からの借り入れを申し込む場合に特に注意が必要な点は、現在利用しているおまとめローンが、銀行の「おまとめ専用ローン」であるかどうかということです。

 

一般の銀行カードローンでおまとめをしている人もいますが、「おまとめ専用ローン」を利用している人が、他社で新規借入を申し込む場合は、借り入れ条件を細部までチェックすることをオススメします。

 

「おまとめ専用ローン」の場合、おまとめローン中に他社からの借り入れをした場合には「全額返済」を求めるという誓約を設けている銀行が多いからです。

 

これを見落とし、新規借入の申し込みをしたら、生活も成り立たなくなるような大変な事態に陥ることになりますので、細心の注意が必要です。

 

しかし、実際問題、おまとめローンを申し込んだ時点で、ほとんどの人が、窮地に立たされているはずです。

 

おまとめローン後に、新規借り入れを申し込みたいと思ったら、一度立ち止まって『本当に借りる必要があるのか』まずは、きちんと自分の経済状況と向き合いましょう。

 

どうしてもお金を借りなくてはいけない…

現状、どうしても借入が必要という場合は、新規借入をしても返済が可能であるのかを必ず確認するようにしましょう。

 

返済が難しいのに借入をしてしまった場合、せっかくおまとめローンをしたのに再び多重債務で苦しむことになりかねません。

 

それでもどうしても借り入れをしたいという場合は、まずは現在組んでいるおまとめローンの借金返済を毎月きちんと行っているという実績作り上げることです。

 

そして、その実績を少なくとも半年以上作った上で、自分が返済しているおまとめローンの金融機関の限度額内で追加借入れを申し込む方が、新規に他社借り入れを申し込むよりも得策といえます。

 

ただ、半年も待っていられない方は銀行カードローンに申し込んでみてもいいのではないでしょうか?
その場合は楽天銀行のカードローンがお勧めです。
ただし、きちんと返済できるかどうかの判断をしてからにしましょう。

 

まだおまとめローン前で、おまとめ後の心配をしている方は、とにかく今の借金を何とかすることを先に考えてください!
一本化に成功しないことには何も始まりませんから。

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。