おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説

おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説

借金は順調に返済できれば問題ありませんが、収入の問題などでどうしても返済していくことが苦しくなってしまうことはあるでしょう。

 

少しでも毎月の返済額が少なくなれば助かるという人や一切返済できないという人、いずれにせよ借金苦に陥っている人は、負担が軽減できればと考えているはずです。

 

そこで、おまとめローンや債務整理を利用して、借金の軽減を考える人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべきか悩んでいるかもしれません。

 

適当に選んでしまった場合、後々に後悔してしまうこともあり得ます。

 

実は、おまとめローンと債務整理は、債務者の状況に応じて選ぶ必要性があります。

 

どっちを選べばいいか悩んでいる方はじっくりと読んでみてください。

 

借金負担の軽減はどっち?おまとめローンと債務整理について!

おまとめローンと債務整理は、どっちも借金負担の軽減になりますが、借金の状況に応じてよく検討しなければなりません。

 

まずは、おまとめローンと債務整理の内容についてカンタンに説明しておきましょう。

おまとめローン

複数のカードローン会社の借金を一社にまとめることです。

 

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済額を抑えられたり、返済総額を減らせたり、バラバラだった約定返済日を同じ日に統一したりできます。

 

ただ、注意点として、おまとめ前よりも返済額が減った際に、場合によっては返済総額が増えてしまうことがあります。

 

返済額に占める利息の割合が増えているカラクリに気づかないケースです。

 

以下に、カンタンな例を示してみましょう。

おまとめ前 返済額3万円(内訳:元金充当2万円利息1万円)
おまとめ後 返済額2万円(内訳:元金充当1万円利息1万円)

上記の例の通り、毎月の返済額は減りましたが、元金充当は減ってしまったため、返済総額が増えたり返済期間が延びたりしてしまいます。

 

したがって、おまとめ後でも元金充当は減らず利息は減るおまとめローンを選ぶよう事前によく調べておく必要があるでしょう。

 

債務整理

債務整理には、基本的に以下の3種類を指した言葉です。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
任意整理 裁判所を経由せずに債務者と債権者のカードローン会社と直接話し合ったうえで返済計画を立て直す方法です。
個人再生 裁判所に申し立て借金総額を1/5または100万円に減額したうえで3年以内に完済する方法です。
自己破産 裁判所に申し立てを行って借金を帳消しにする方法です。

以上の債務整理を利用すれば、一定期間はローンを組むことは厳しくなります。

 

というのも債務整理を利用すれば、個人信用情報機関に情報が登録され、世間で言うところのブラックになってしまいます。

 

金融機関は、基本的にブラックの人を相手にお金は貸しませんので、今後ローンを組めなくなることは覚悟しなければなりません。

 

おまとめローンは、複数の借金を一本化しても返済は続けていきますので、裁判所に手続きを行ったり個人信用情報機関にブラックとして登録されたりはしません。

 

債務整理は、借金の減額または帳消しになりますが、裁判所に手続きを行ったり個人信用情報機関にブラックとして登録されたりします。

 

おまとめローンを選ぶ人はここに注目!審査に通らなければ意味がない!

おまとめローンは、あくまで消費者金融や銀行が提供する金融商品のため、まずは審査を受けなければなりません。

 

審査の申込方法や内容は、普通のカードローン商品と大差はありませんが、決定的に違う点はすでに多重債務者ばかりが審査に申し込みしてくることです。

 

多重債務者しか審査を受けないのであれば、審査基準のハードルは低く思いがちですが、実際は決して低いわけではありません。

 

多重債務者の中でも、たとえば2社や3社程度だったり、借金総額が100万円程度の少額だったりすれば審査に通る可能性があります。

 

一方、借入先のカードローン会社が4社5社以上と多くなり、借金総額が増えるにつれて審査に通る確率が厳しくなることは言うまでもありません。

 

また、返済に苦しんでいる人は、返済遅延や滞納の経験があるケースも多く、個人信用情報機関のブラックになっている可能性もあるでしょう。

 

つまり、おまとめローンは、申込者がどれだけ利用したいと考えていても、審査に通らなければ絶対に利用することはできません。

 

債務整理を選ぶ人はここに注意!債務整理の落とし穴はこれ!

債務整理は、借金の減額や帳消しといった魅力がありますが、デメリットを知らずに利用すれば後悔してしまうかもしれません。

 

それでは、以下に債務整理の落とし穴になり得るデメリットや注意点を紹介しましょう。

  • 個人信用情報機関に事故情報の登録(ブラックリスト)
  • 官報公告
  • 職業制限
  • 保証人への影響の有無

個人信用情報機関に事故情報の登録(ブラックリスト)

債務整理の種類によって、個人信用情報機関に情報が残る期間が異なります。

項目 保有期間
自己破産 7年〜10年
個人再生 7年〜10年
任意整理 5年

また、個人信用情報機関は本人の情報のみ取り扱っているため、債務整理を行うことで家族に影響を与えることはありませんので、その点は安心して大丈夫です。

 

官報公告

官報は国の広報誌のことで、誰でも閲覧することができます。

 

官報には住所や氏名が掲載されてしまうため、困ってしまう方も多いかもしれません。

 

ただ、一般人が官報を見ることは滅多にないため、誰かにバレるリスクは少ないです。

 

ただ、その情報を悪用して闇金融が広告を送ってくることがあります。

 

また、官報公告は、自己破産と個人再生を行った人が対象で、任意整理は掲載されません。

 

官報公告の開示期間は、以下の通りです。

 

自己破産=開始決定後の約2週間後に加え免責決定の約2週間後に掲載(合計2回)

 

個人再生=開始決定後の約2週間後に加え書面決議決定の約2週間後、さらに認可決定の約2週間後に掲載(合計3回)

 

職業制限

債務整理の中で、自己破産を選んだ人は、一部の職業に就くことはできません。

 

たとえば、以下の職業に就くことはできないため、気をつけるようにしましょう。

  • 保険外交員
  • 警備会社の警備員
  • 士業

特定の職業に就きたい人は、デメリットになります。

 

保証人への影響の有無

最近のカードローンは保証人不要で契約を結べますが、保証人を立ててお金を借りている人は債務整理をすることで保証人に影響を及ぼします。

 

債務整理を行えば、保証人が返済義務を負ってしまいます。

 

ただ、任意整理の場合は保証人が同様に任意整理を行うことで、返済義務はなくなります。

 

もちろん保証人が個人信用情報機関のブラックリストに載ることは言うまでもありません。

 

おまとめローンと債務整理のメリット・デメリット!自身に応じた方法で借金を軽くしましょう!

それでは、おまとめローンと債務整理のメリット・デメリットをまとめましたので、以下の表を確認してください。
おまとめローン

メリット
  • 約定返済額の減少
  • 返済総額の減少
  • 返済日の統一
デメリット
  • 審査に通らない可能性あり
  • 返済総額が増える可能性あり
  • 返済期間が延びる可能性あり

債務整理

メリット
  • 借金の減額
  • 借金の帳消し
デメリット
  • 裁判所などに手続きが必要な場合あり
  • 個人信用情報機関に事故情報掲載
  • 官報公告
  • 職業制限
  • 保証人に影響

上記の表を比較すればわかりますが、債務整理の方がおまとめローンよりも社会的制裁を受けてしまいます。

 

したがって、よく検討したうえで債務整理を選ばなければ、借金以外の不安を抱えてしまうかもしれません。

 

一方、おまとめローンは審査を受けなければいけませんし、審査に通らない可能性もあります。

 

また、おまとめ先の金利や返済額を事前によく調べておかなければ、返済総額が増えてしまったり返済期間が延びてしまったりするかもしれません。

 

以上に説明しましたように、おまとめローンと債務整理、どっちもメリット・デメリットがあります。

 

自身に最も応じた方法をよく検討したうえで選択するようにしましょう。

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!
おまとめローンは一見すると非常に便利です。しかし、ただ一本化できるという理由だけで利用すると、帰って返済額が多くなる可能性も…おまとめローンで失敗した者がシミュレーションをしたほうがいい理由を解説。
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。