おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!

おまとめローンで失敗した者が断言!申し込み前にシミュレーションはすべき!

おまとめが手軽に利用できる昨今だから注意したい、それがおまとめの返済プラン。もし、勢いに任せておまとめをしたらどうなる?

 

今回はおまとめローンの返済シミュレーションの重要性と注意点を見ていきたいと思います。

 

おまとめした者勝ちなんて絶対ない!

多重債務者はおまとめローンで一本化を。
複数の借入先があるのなら、おまとめしない手はない!

 

そんな正しいようで間違った意見が流布している昨今、私もそんな情報戦略に乗ってしまった一人です。

 

実際、私はクレジットカードにカードローン、それなりに精通している方なのですが、それでもバカの一つ覚えのようには、おまとめローンをオススメしません。

 

あなたもご存知の通り、銀行、消費者金融、それぞれが独自のおまとめローンを展開しています。

 

しかし実際の自分が抱える返済額と金利、そしておまとめ先の返済方法と金利差を理解できていない方ばかりなのが実情です。

 

はっきり言いましょう!おまとめローンは返済シミュレーションあってであり、おまとめした者勝ちなんてことはありえないんです!

 

返済の不安は消えたけど、利息が増えた……だと?

おまとめローンで一括返済しても、あなたの返済がなくなるわけではありません。

 

当たり前すぎることですが、不思議なことにおまとめしてしまうと精神的に安心しきってしまうんですね。

 

そしておまとめ前に苦しんだ返済額が少なくなり得るまとめローンは、しばし金銭感覚を麻痺させます。

 

つまり毎月の返済が減ったが故に起こる、負のループ。

 

例えば5万円を超えた毎月の支払いが1万円前後になったら、最終的に支払う利息が格段に上がるといった事実があります。

 

よくよく考えれば当たり前なことが見えなくなってしまう、それこそがおまとめローンのデメリットなんです。

 

おまとめ失敗の原因を考えてみた

私がおまとめした後に地獄を見たその理由を、改めて考えてみました。

 

銀行のおまとめがベストと勘違いしていた

銀行なら金利も安いし安心!
そんな私の幻想がおまとめしたことで失敗したのはいうまでもありません。

 

モビット、アイフル、アコム3社から借入があったので、多重債務者と呼ばれる状態でした。

 

最初に申し込んだ銀行カードローンは撃沈。

 

しかし翌月に給与振込口座として利用している某大手銀行のカードローンを申し込んだら、なんと審査通過!

 

給与は若干25万円前後ですが、日常使いしている銀行プラス私の在職15年が信用担保になったのでしょうね。

 

その銀行ではおまとめ専用商品がなく、カードローン枠で融資を受けました。

 

各々の消費者金融へは自分で振り込まないといけないのは手間でしたが、銀行はやはり利子が安いのは素晴らしいです。

 

3社から1社へと借入先が減り、毎月の返済額も1万円台に。

 

ここで気づけば良かったのですが、毎月最低返済額しか支払いをしなかったため、元金がほとんど減らず、結果利息がドカンと増える結果になりました。

 

知識不足と勘違いが生んだ最大の悲劇と言えるでしょう。

 

返済シミュレーションがおまとめの鍵

おまとめローンでの失敗は自分の無知から始まったことをお話しました。

 

でも、おまとめローンを利用することで損をしてしまう方は、私以外にも少なくないはず!

 

そうならないためにも、おまとめローンの性質をきちんと理解した上で、上手に一本化を叶えましょう。

 

おまとめ前後の利息の違いに着目しよう

あなたはカードローンを利用する際に返済シミュレーションをしていますか?

 

カードローン会社のホームページにある利用金額毎の返済額が一発でわかるシステムのことです。

 

私の場合、

モビット 50万円を毎月13,000円の返済、金利18.0%、トータル利息99,079円
アイフル 30万円を毎月11,000円の返済、金利18.0%、トータル利息88,683円
アコム 20万円を毎月10,000円の返済、金利18.0%、トータル利息39,616円

つまり3社合わせた利息は約228,000円にも及ぶのです!
毎月の返済額も34,000円となかなかキツイ…

 

おまとめローン利用後の毎月最低返済額は16,000円、金利も14.5%と随分減って楽になるはずでした。

 

しかしおまとめ後に待っていた総利息は約90万円!結局のところ、約67万円も利息が高くなってしまったのです!

 

なぜにこんなに利息が増えたのか?

複数の借入先をいち早く一本化したい!
毎月の返済額を抑えて、家計を圧迫せずに借金と向き合いたい!

 

そんな焦る気持ちがおまとめローンの利用に拍車をかけたわけですが、上記のように金利が減ったのに利息がドカンと増えた理由は、毎月の返済金額にあるのです。

 

おまとめローン利用前は二年で完済する計画でした。

 

しかし、おまとめした後は毎月の返済減に焦点を当ててしまい、最低返済額のみの返済しかしていませんでした。

 

もし2年完済計画で毎月49,000円の返済をしていれば、利息は約158,000円となり、約7万円もお得におまとめできたんです。

 

毎月の返済額を減らすことばかりに目が行きがちですが、きちんと返済シミュレーションに目を向けて、おまとめ前とほぼ同額の返済を心がけることこそが一本化成功の鍵になってきます。

 

利息を減らして上手に一本化まとめ

安心しておまとめするには、利息をいかに減らせるかがポイントです。
まずは何をするべきか。注意点を改めてまとめてみましょう。

 

面倒臭がらずに金利シミュレーション

返済シミュレーションなんて面倒。とりあえず最低返済額だけ払えばOK!と思わずに、まずは自分の予算内でできるだけ多くの返済額を確保する努力をしましょう。

 

各銀行、消費者金融は独自の返済シミュレーションで返済額、返済期間を、効率的に計算可能です。

 

おまとめをする意義は個々人で違うかもしれませんが、自分のお財布にマイナスになってしまってはおまとめローンを利用する意味がありません。

 

多額の融資になりがちなおまとめローンの場合、最低返済額だけでは元金がほとんど減らず、それこそ10年計画での返済になってしまうのです。

 

そのため、少し余裕がある月や、年に2回のボーナス時には、ここぞとばかりに追加返済をすることも忘れてはなりません。

 

カメのスピードでゆっくり返済もいいですが、やはりシミュレーションを駆使してお得におまとめした方がいいです。

 

おまとめ専門業者の選択肢に入れよう

大手消費者金融や銀行の陰に隠れてしまいがちですが、中小消費者金融にはしばしおまとめ専門で勝負をしている貸金業者があります。

 

そのパイオニアとして知られるのが中央リテールです。

 

特に中央リテールのおまとめローンの場合、金利が10.95〜13.0%と低く抑えられ、他社で断られた方にも幅広く融資をしています。

 

多重債務者の駆け込み寺との呼び声高い中央リテールは、返済シミュレーションで完済回数、異なる返済期間による返済額をシンプルに計算できて、貸金業者取扱主任者による懇切丁寧なアドバイスがもらえるのもポイントです。

 

もし、大手の銀行や消費者金融でおまとめが難しそうであれば、こういったところに相談をしてみるのもひとつの手です。

 

おまとめのメリットは返済を一本化できることですが、返済計画、返済シミュレーションなしにおまとめするのは危険だということがわかっていただけたかと思います。

 

上手におまとめを利用するには、まず面倒くさがらずに返済計画を綿密に練ることから始めることを肝に銘じておきましょう。

 

関連ページ

審査の前にかならず準備!おまとめローンに必要な書類は?
書類の不手際でおまとめローン審査落ちなんて悔やみきれませんよね。ここでは。おまとめローン審査に必要な書類について解説します。
おまとめローンを申込む前に知っておきたいデメリットとは?
おまとめローンは複数の借金を一本化できる便利なサービスです。しかし、一件便利に見えるおまとめローンにもデメリットが…利用する前にしっかりとチェック!
申し込みブラックでもおまとめローンは利用出来る?
とりあえず何社もある借り入れを一つにまとめてしまいたいと数打ちゃ当たるで何社が一度におまとめローンの申し込みをしようとしてる方は要注意です。 これは多重申し込み(申し込みブラック)と言われていて、短期間に4件以上申し込むとこれに該当します。
おまとめローン後にまた他社から借り入れすることは可能?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは家族にバレずに申し込みできる?郵送物、電話確認がないかを教えます
おまとめローンを利用する際、家族にバレたくない!と思いますよね。郵送物や電話確認なしで借りられる方法はあるのか気になる方はこちら。
【借金返済に困ったら】おまとめローンの相談は段階を踏め!
カードローンでの借り入れが複数になり、返済が大変になってきたという場合にはおまとめローンを利用して借金を一本化するという方法もあります。ただしおまとめローンは、利用の仕方を間違えてしまうと、一層状況を悪化させてしまう恐れがあります。おまとめローンを上手に利用するためにはどこで相談するのがいいのかを解説。
おまとめローンにはどんな評判がある?審査に落ちないために知っておきたいこと
おまとめローンを利用したいけど、どういった評判があるかが気になる…申し込んで審査に落ちないために事前に評判やおまとめローンで知っておいた方がいいこと教えます。
おまとめローンと債務整理、どっちを選ぶべき?状況別に解説
おまとめローンも債務整理も借金を整理する手段ですが、それぞれ性質が異なります。どういう状況だったらおまとめローンがいいのか、どうなったら債務整理をするべきかを解説。
借金が150万円。債務整理とおまとめローンのどちらを選ぶべき?
多くの消費者金融はおまとめローンに積極的ですね。借金問題で悩んでいる人には気になるところだと思います。銀行もおまとめローンと謳っていなくても、フリーローンで借り換え可能な銀行カードローンも多いです。おそらく、借金の返済で悩んでいるとおまとめローンにするか債務整理にするかで迷う人が多いのではないでしょうか?しかし、おまとめローンは借金が減る訳ではありません。一本化する事で低金利になると言う事なのです。また、返済日は一日になり、毎月の返済額が減るのもメリットですが、その分返済期間が長くなる事にも注意しなければいけません。
金利の安いカードローンを探す場合、無利息と低金利、どちらを選ぶべきか
金利の安いローンというと無利息のカードローンが思い浮かぶ方もいるでしょう。無利息のカードローンは本当にいいものなのかを解説。
プロミスおまとめローンは通常のカードローンや銀行のおまとめローンとどう違う?
プロミスには通常のカードローン以外にも賃金業法に基づくおまとめローンがあります。本来、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象になりますが、賃金業法に基づくおまとめローンの場合は総量規制の対象外というメリットがあります。利息は6.3%〜17.8%、限度額は300万円、そして返済日は毎月5日、15日、末日のいずれかで申し仕込み者の希望に合わせて選べます。
アイフルでおまとめローンはある?借り換えの前に確認をしておきたいポイント
消費者金融でお馴染みのアイフル。カードローンの申し込みはできるのはもちろんですが、おまとめローンとして利用したい方もいると思います。申し込み前にチェックしておきたいアイフルのサービス内容について。
ゆうちょ銀行におまとめローンはある?カードローン申込前に確認しておきたいこと
ゆうちょ銀行にもカードローンがありますが、おまとめローンとして利用できる商品はあるのでしょうか。ゆうちょ銀行でおまとめを考えている方はこちら。
ろうきんでおまとめローンを利用するメリットとデメリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。