おまとめローン 即日融資

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

やむをえない事情を抱えて同時に複数の金融業者から借り入れている人の多くは、だんだんとこう感じてくるのではないでしょうか。「返済を管理するのがわずらわしい、面倒だ…。」

 

そう思い始めると、返済に対する心構えが緩み、用意を行うのがおっくうになり、やがて返済の延滞を引き起こしがちです。

 

そして一旦返済が遅れると、ズルズルと延滞をつづけたり他の借入先の返済も遅らせてしまったり、と状況が悪化していきやすくなります。ことがここまで及ぶと、元通りにキッチリ返済していくということそのものが至難になり、状況は坂を転げ落ちるように悪い方向へ進むばかりとなるでしょう。

 

そういった最悪の結果を起こさないためにも、複数の借入を抱えたなら一本化させる、つまりおまとめローンに借り換えることがおすすめです。

 

一本化させると月に一度の返済日に決まった額を支払えば良くなるので、心理的な負担が軽くなり、返済計画も立て直しやすくなります。

 

一度返済の延滞を起こしたあとからでは、審査に引っかかることもあり、おまとめローンの借り換えが難しくなることもありますので、延滞を起こす前に借り換えるようにするのがベストです。

 

急ぐ場合は消費者金融のおまとめローン!お薦めするその理由!

事態が一刻を争う…とまではいかないにしても、スピードを第一の条件にしておまとめローンを考えるのなら、消費者金融のおまとめローンが良いでしょう。

 

今では大手消費者金融の多くが即日融資に対応していますが、おまとめローンの場合でもプロミスやアコム、アイフルといった大手業者ではいずれもおまとめローンでも条件を満たせば即日融資が可能です。ただ、一般的なカードローンとは取引の流れが違いますので、事前に確認が必要です。

 

たとえばプロミスやアコムではおまとめローンの場合無人契約機か店舗での契約が必要です。アイフルでは郵送でも取引可能ですが、即日融資を希望するなら店舗を訪れる必要があります。契約後の融資については、プロミスやアコムは元の借入先へ直接返済してもらえますが、アイフルに関しては利用者自身の口座に振り込まれますので、自身で借入先への返済が必要になります。

 

即日融資を受けたいならこれらを含めて事前に各社の条件をよく確認し、なるべく早い時間帯に必要書類をあらかじめ用意しておき、スムーズに手続きできるように準備しておきましょう。

 

現在の借り入れているローンの内容や契約書類、個人証明書類、収入証明書等を要求されますので、必要に応じて取寄せておきます。

 

なお、消費者金融のおまとめローンに借り換えようと考えたときに、「総量規制に引っかかるのでは?」と危ぶむ方もおられるかもしれません。年収の3分の1を超える借入は消費者金融ではできないとした貸金業法の規制です。まとめたい借入残額を合算して銀行からの借入も加えると、3分の1を超えていた…というケースもあるでしょう。

 

ですが、おまとめローンに限っては総量規制の例外事項にあたるため、総量規制の影響を受けません。利用者側に一方的に有利を与えるという性格を持つローンなためです。その点に関しては考慮の必要はありません。

 

ただしおまとめローンにももちろん審査がありますから、条件によっては審査に通らない可能性もあります。たとえば3社以上の借入を抱えていると一般的には厳しいとされています。また、年収に対する返済年額の割合を返済負担利率といいますが、この数字が40%前後になると正常な返済が厳しいとみられ、審査通過が難しくなります。

 

これらのほかにもさまざまな条件により契約の成否が決定されますので、検討の際には自分が条件に適うかどうか、よく確認しておきたいところです。

 

即日融資できないの?銀行系のおまとめローンはなぜ不向き?

おまとめローンはもちろん多くの銀行でも販売しています。金利面では有利なところも多く、検討価値はありますが、迅速性を優先させたいなら、銀行系はおすすめできません。

 

というのも、報道等でご存知の方も多いでしょうが、銀行カードローンの販売について銀行は金融庁から「お咎め」を受けている影響で、以前よりも審査基準を引き上げ、時間をかけて慎重な審査を行うようになってきているのです。

 

問題とされたのは返済能力以上の過剰融資を行ったという点でした。つまり「商売優先」「利益優先」のために、実際には返済能力に満たない利用希望者にもカードローンの契約を行っていたということです。銀行はその結果、取引高・利益を相当獲得するようになったものの、利用者の返済延滞を増加させるなどトラブルが目立ってきていました。そのため、金融庁から営業の改善を要求された、というわけです。

 

そうして銀行のカードローン審査は以前よりも厳しさを増し、それはあくまで本来の条件に見合った貸付しか行わなくなったということではあるものの、気軽にすぐに利用したいという目的では利用が難しくなりました。

 

こういった理由で早い借り換えを第一に希望するなら、消費者金融のおまとめローンをおすすめしているのです。

 

おまとめローンへ借り換えるその前に・知っておきたい注意点

さて、おまとめローンを利用するにあたっては、実際に申し込むまえにきちんと確認しておきたいことがあります。

 

まず、借り換えによる支払額の変化、返済総額をしっかりとシミュレートすることです。おまとめローンに借り換えすると、返済日・支払利息も規定のものに統一されます。その支払利息と借入残額をあわせた返済総額が、今現在の返済総額に対して高くなって損をするようなことになっていないかどうかはきちんと見ておきたいポイントです。

 

このとき損をしないように気をつけるためには、まとめたい借入のそれぞれの利息と借り換え後の利息の単純な比較だけでなく、月々の支払総額をいくらに設定するかというところも大事です。

 

月々の返済額は一定の範囲で自身で設定できることが多いですが、返済金額を低く設定すると、支払い期間は長くなります。月々の生活を少しでも楽にしたいのであればそういう選択になるでしょうが、ただ、その分支払い利息が長期間発生し、結局支払総額がおまとめする前よりも高くなっていた、というケースが生じてしまいます。

 

どうしても生活が苦しければそういう選択もいたしかたありませんが、できるだけ支払総額を減らせるような計画を立てるほうが長い目で見れば結局は節約になります。自分の月々の生活費を吟味して無理のない範囲で、かつできるだけ高めの返済額を設定する、あるいは余裕ができたら随時返済を加えていく、という姿勢を持って、早め早めの完済を目指す気持ちを持ちつづけましょう。

 

また、先に少し触れた「総量規制」についても注意が必要です。おまとめローンそのものは総量規制の対象外になりますが、ほかに借り入れようとする場合にはこのおまとめローンも借入の中に含んで計算されます。

 

つまり単純に言うと、年収300万円の人が100万円のおまとめローンを契約した場合、すでにローンの借入額が3分の1に達しているため、新たに消費者金融から借り入れることはできなくなるということです。

 

このおまとめローンでも返済していく糸口が見つからなさそうな場合には、債務整理を考えていくという手法もあります。

 

いずれにせよ、返済が厳しそうな状況になってきたなら、現状のまま放置せず、早めに自分に適した方法を探し出して問題の解決を計っていくことがとても重要なのです。

 

参考:おまとめローンと債務整理の境界線|審査に通らない多重債務者は基準を知って見極めろ!

 

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アイフルおまとめローン

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

プロミスおまとめローン

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

個人事業主でもおまとめローンはできる? 申し込み前のチェックポイント
おまとめローンの審査を通すために必要な情報満載!自営業の場合、審査への影響はどのように出るのでしょうか。分かりやすく説明します。
おまとめローンは必ず必要?保証人と保証会社の違いとは?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめ後の任意整理は可能?メリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
アコムとアイフルのおまとめローンを徹底比較!あなたにおすすめなのはどっち?
消費者金融でおまとめローンをしようとした場合の候補に上がる2社。アコムとアイフルどちらがあなたにあっているのでしょうか?両者の特徴を比較してみます。
アコムでおまとめローン審査はできる?銀行カードローンとの違いをチェック!
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
借金の借り換えを検討したい!カードローンで低金利にできるって本当?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
消費者金融のカードローンはみずほ銀行でおまとめローン可能だって知ってますか?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
複数の会社から借りて多重債務…おまとめで一本化するためのメリット・デメリット
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
りそな銀行におまとめローンはあるの?借金の一本化はできる?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
派遣社員でもおまとめローンの利用はできる? 正社員じゃなくても申し込みができるのか
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンでキャッシングの借金を楽にしたい!銀行と消費者金融どちらが最適?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンでマイカーローンをまとめるとどうなるの?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。