おまとめローン

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

おまとめは借金を一本化して完済するだけのツールではありません。

 

本当のおまとめローンの意義は、金利を浮かしていかにお得に完済するかです。

 

複数あった返済がひとつになることに目が行きがちですが、まずは各おまとめローンが設定する上限金利に注目しましょう。

 

下限金利が適応される場合は、融資限度額目いっぱい借入れした際に適応されるため、あまり参考になりません。

 

現行の利息制限法によって、100万円以上の借入れの最高金利は15%と設定されていることをまず覚えておきましょう。

 

多くの多重債務者はトータル100万円以上の借入れを、複数の消費者金融から小分けで借入れしています。

 

そのため、各社の平均金利は決して低くはなく、平均17〜18%で推移。この場合を例に取ると、100万円のおまとめローンを組むならば、上限金利15%が適用され、業者に関わらずお得におまとめ可能です。

 

当然、元金は変化しませんが、毎月の金利と返済額が大幅に減るのなら、これこそがおまとめローンを使って成功したと言えるのです。

 

ただし、総借入れ額が100万円以下の場合、おまとめローン利用後の金利はほとんど変わらないため、一本化のメリットはあまりありません。

 

この場合、精神的負担を減らす意味で一本化を検討する価値はあると言えるでしょう。

 

借入れ額が大きければ大きいほど、おまとめローン契約後の金利は下がります。

 

100〜200万円を一本化をする方が多いようですが、目安として消費者金融で15%、銀行で10〜15%で借入れできると考えていいでしょう。

 

自分の場合は一体いくらの金利でおまとめができるのか分からない!という方は、まず各金融業者のHPから返済シミュレーションから金利の概算を計算してみましょう。

 

金利が下がったのに、損をするなんてどういうこと!?

毎月の返済額に着目したことはありますか?

 

ついつい金利ばかりを目で追ってしまいますが、毎月の返済額こそ意識するべき最重要項目になってくるのです。

 

複数の借入れ先がある方は、多くの方が毎月2〜5万円程度の返済を行っていると思います。

 

しかし返済額が大きくて困っているということは、逆に考えれば返済に向けて着実に元金を減らしていることを意味します。

 

おまとめ後の返済額は1〜2万円程度の最低返済金額だけでOK

 

借金の返済が少額で済む分、生活費や飲み会、趣味にもお金を投じられますね!
でも冷静に考えてみると、毎月の返済額が少額=返済が長期化する、つまり支払うべき利息が高くなるわけです。

 

低金利、低金利…と呪文のように低金利のおまとめローン探しに夢中になりがちですが、実際2〜3%も金利を下げることができたのに、結果として大幅に総利息額が増えてしまった…ということも。これこそがおまとめローン最大のデメリットなのです。

 

おまとめローンの返済方法は、元金均等返済や元利均等返済方式等がありますが、特に後者は要注意!

 

毎月の返済額を低く抑えることができますが、完済までに時間がかかってしまうのがネックです。

 

また銀行ローンでしばし組み込まれる残高スライドリボルビング方式は、毎月の最小返済額だけを返済していけばOKなため、いくら金利が低くても、支払う利息は膨大に…

 

そのため、銀行で金利を抑えておまとめを!と考えている方は、返済方式に十分留意する必要が出てきます。

 

借入れ額にもよりますが、低金利のおまとめローンの恩恵を最大限活かすには、約5万円を目安に返済を行いましょう。

 

毎月の最低返済額プラス追加返済をすることが、利息を抑えて完済をするポイントだということを忘れてはなりません。

 

銀行の過剰融資が社会問題?おまとめ希望者には痛手に!

銀行に限らず一度カードローンを利用すると、ズルズルと利用し続けてしまう方も多いことでしょう。

 

昨今、総量規制対象外の銀行カードローンの過剰融資が問題になり、ニュースで耳にした方もいるのではないでしょうか?

 

その影響もあり各銀行とも融資限度額に制限を設けたり、審査をより厳格にするなど対策に奔走。

 

今の状況からするとおまとめ目的の銀行カードローン利用は、以前より前途多難だと言わざるを得ません。

 

各銀行で対策のレベルは異なりますが、貸付けの規制はこれからも続くと予想されます。

 

そのため、消費者金融やおまとめ専門業者で一本化する方向で方針転換することも検討すべきと言えるでしょう。

 

消費者金融のおまとめ専用プランでおまとめする

 

高金利の消費者金融!それでもオススメ出来る人はこんな人

消費者金融のマイナスイメージはなかなか拭えませんが、果たしてどんな方にオススメなのか考察してみたいと思います。

 

3社以上100万円以上の借入れがある場合

先ほども説明した通り、利息制限法で100万以上の借入れがある場合は上限利息が15%が適応されます。

 

低額でのおまとめはおすすめしませんが、消費者金融はおまとめにも力を入れているので多重債務者の審査にも希望が持てます。

 

3社以上、そして100万円以上の借入れがある方は、消費者金融といえども数%利息を減らしておまとめも可能です!

 

完済に向けた意思が薄弱な方

消費者金融のおまとめ専用商品も、各社それぞれ特徴があり金利も当然異なります。

 

アイフルのように利用歴があるかないかで差別化されるおまとめローンもあれば、ごく稀に保証人を義務付けられる消費者金融も。

 

ただし、すべての消費者金融に共通するのが、各貸金業者への返済を代理で完済してくれる点です。

 

銀行のように自分で返済する必要がないため、返済への手間が省け完済へ向けた第一歩が踏み出せることでしょう。

 

即日で一本化をしたい方

消費者金融でのおまとめは、年収に関係なく借入れ可能です。

 

ただし、融資額が必然的に大きくなってくるため、Web簡潔方式での契約はできませんん。

 

しかし、消費者金融で借入れする最大のメリット、迅速審査・即日融資はおまとめでも期待できるため、即日で一本化したい方にはオススメです(店頭窓口や無人契約機での契約に限る)。

 

おまとめ後の金利と返済計画を意識したローン選びが重要!

おまとめをしただけで満足!
金利に返済期間は二の次で、おまとめをした事実が完済したと錯覚してしまう方も少なくありません。

 

おまとめローンは低金利でいかにお得に借入れするかがミソなんです!

 

自分で融資額の一部に手をつけてしまいそうな方は代理返済可能な消費者金融でおまとめをするべきですし、300万を超えるような大型融資の場合は銀行のフリーローンを利用するべきです。

 

十人十色、各人に適したおまとめローンは異なります。

 

まずは金利と返済期間を念頭に、あなたにピッタリなおまとめローンを考察することから始めましょう。

 

商品社金融でおまとめする

アイフルおまとめローン

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

・金利:12.0%〜15.0% (おまとめMAX) ・金利:12.0%〜17.5% (かりかえMAX) ・限度額:最大500万円 ・他社債務:アイフルが代理返済 アイフルには二種類のおまとめ専用プランが用意されています。 かりかえMAXはアイフルが初めての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用となっています。アイフル利用経験がある方はお得におまとめができるということです。

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

プロミスおまとめローン

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

・金利:6.3%〜17.8% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:プロミスが代理返済 消費者金融の中でもおまとめローンに積極的なのがプロミスになります。プロミスのおまとめローンはあなたの他社債務をプロミスが代わりに返済しますので、確実なおまとめローンが可能です。

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

アコムおまとめローン

・金利:7.7%〜18.0% (実質年率) ・限度額:最大300万円 ・他社債務:アコムが代理返済 CMでもお馴染みのアコムですが、借換え専用ローンも行っています。アコムがあなたに代わって返済するので、余計な手間が掛かりません。

おまとめローンは低金利?利用するとお得なケースと損するケースがある?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えること!

関連ページ

個人事業主でもおまとめローンはできる? 申し込み前のチェックポイント
おまとめローンの審査を通すために必要な情報満載!自営業の場合、審査への影響はどのように出るのでしょうか。分かりやすく説明します。
おまとめローンは必ず必要?保証人と保証会社の違いとは?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめ後の任意整理は可能?メリットはある?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
アコムとアイフルのおまとめローンを徹底比較!あなたにおすすめなのはどっち?
消費者金融でおまとめローンをしようとした場合の候補に上がる2社。アコムとアイフルどちらがあなたにあっているのでしょうか?両者の特徴を比較してみます。
アコムでおまとめローン審査はできる?銀行カードローンとの違いをチェック!
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
借金の借り換えを検討したい!カードローンで低金利にできるって本当?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンでも即日融資できる?急ぎの一本化には消費者金融
延滞してしまう前におまとめローンで一本化してしまいたい!でも今日中にまとめられなければ・・・そんなギリギリのタイミングでおまとめローンを即日融資してもらうことはできるのか解説します。
消費者金融のカードローンはみずほ銀行でおまとめローン可能だって知ってますか?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
複数の会社から借りて多重債務…おまとめで一本化するためのメリット・デメリット
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
りそな銀行におまとめローンはあるの?借金の一本化はできる?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
派遣社員でもおまとめローンの利用はできる? 正社員じゃなくても申し込みができるのか
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンでキャッシングの借金を楽にしたい!銀行と消費者金融どちらが最適?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。
おまとめローンでマイカーローンをまとめるとどうなるの?
おまとめローンと聞くと多重債務から解放されるように思えますが、デメリットも潜んでいます。闇雲におまとめローンを利用せず、まずはデメリットを理解しましょう。